2011年02月09日

矢追純一のネット宇宙塾

富士山にUFOの編隊が現れたとして、UFOの第一人者の
矢追純一氏が興奮しているというネットのニュースを観たのですが、


そういえば矢追純一を最近、見かけないのでどうしたのカナと
思っていたのですがね、ちゃんと活動しているそうなのです。


もう何年も東京都内で秘密の地下活動的な宇宙塾というのを
主催しているとかで、そのネット版ともいうべき
ネット宇宙塾というのが公開されています。
>>矢追純一 ネット宇宙塾



いや、しかし、UFOというものの存在が
大きく報道されるようになったのは、おそらく自分が小学生の頃、

焼きそばUFOが登場して「分かるかな〜、分かんねーだろうな〜」なんていう
漫才で人気だった、名前なんて言ったかな?、CMが登場した頃、、、
今から35年以上前でしょうかね。


その時はUFOの存在を語る人というのは、ただのSF好き、というのを通り越して
変わり者的な扱いを受けていた記憶があります。


自分もまったく信じていなかったしね。宇宙人の存在も。





でも、最近では信じる、信じないではなくて、普通に宇宙人の存在というのは
事実として受け入れているというのか、そういう感じになってきましたね。


銀河系に地球と同じような生命の存在の可能性のある星が何百個だかあるという
ニュースがNASAから発表されていましたが、

もはやこの宇宙に知的生命は人間しかいないと考える方が
変わり者という時代になったということでしょうかね。





一昨年くらい前に映画「ノウイング」を観ましたが、個人的には
あれが大天使とか神とかいう存在であって、
なんの目的があるのか知らないのだけれど、アダムとイブのような存在を
住める星に移住させた、あるいは遺伝子操作で造りあげた宇宙人が神様という
ものなんだろうな、、、と考えざるを得ないのですわ。


エゼキエル書に描かれる宇宙船、着陸船のようなものがUFOなのかどうか
これは分からないのだけれど、いろいろな星からやって来ていたとしても
不思議ではないよね。


それよりも、神と呼ばれた宇宙人というのは人類の先祖という可能性もあるのかな。
はるか昔に地球が危機となって他の星に移住をした、、、で地球になんらかの目的で
やって来て、猿を遺伝子操作して人間にした、、、みたいな。



イブってアダムの肋骨から造ったと旧約聖書に書かれているのでしたかね?


なんでそんなことをするのか、昔から疑問ではあったのだけれど
だって全知全能の神なんだから、そんなややこしいことしなくてもいいでしょ、
「できろ」いったら出来るのじゃないのかな、全知全能の神なんだから。


posted by hoshio at 12:23| Comment(0) | UFOの謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。