2008年11月06日

2012年12月に人類が進化するとして

学生時代、倫理学だったかの講義で半ば夢見心地で
こんな話を聞いた。

ヨーロッパのいくつかの名族の衰退には
共通していることがあって、
芸術家が出てくると、その一族は枯れる

と。



進化論が正しいのかどうかはともかくとして、

「最も強い者が生き残るのではなく
 最も賢い者が残るのでもない


続きを読む
ラベル:2012年
posted by hoshio at 20:00| Comment(0) | 2012年問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

株暴落 バブル後最安値更新

止まらないな〜

株の暴落

バブル後最安値を更新して
26年前の水準の7100円に落ち込んだそうだ。


26年前というと


続きを読む
posted by hoshio at 22:37| Comment(0) | 2012年問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

プラズマ

フォトンベルトはガセである、
とした飛鳥昭雄の著書

「太陽の謎とフォトンベルト」

には、しかし、

結局はフォトンベルトと似たようなことが
起こると書いてあったりする。


続きを読む
posted by hoshio at 23:37| Comment(2) | 2012年問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

アセンションってなんだろう

2012年12月22日にマヤの暦が
終わることと、

このアセンションという言葉が結びついている
ような気がするのだが、

たまにネットでいろいろなブログを読んでも
やっぱりよく分らない。


イメージ的には

7〜8年くらい前にNHKで放送された

「宇宙・未知への大紀行シリーズ」の最後の方で

最終的には人類は地球に永遠に住んでいることは
出来ないので(といっても数十億年先のことだが)
宇宙空間へ出て行くことになるのだが、

その頃の進化した人類は、既に肉体を持たない、
精神だけの存在となっているだろう、と

続きを読む
posted by hoshio at 23:34| Comment(0) | 2012年問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

フォトンベルト 飛鳥昭雄が完全否定

あの飛鳥昭雄も

フォトンベルトに対しては完全否定の立場を採っている。

「太陽の謎とフォトンベルト」

という本はフォトンベルトでワッショイ、ワッショイ
を期待して買ったのであるが、
見事に引っ掛けられた(笑)。


フォトンベルトというものが登場したのは、

1981年8月にオーストラリアのUFO研究会の会誌
「オーストラリア国際UFO空跳ぶ円盤研究会」
第12号に、
「フォトンベルトストーリー」として掲載されたのが
初出だという。


続きを読む
posted by hoshio at 23:39| Comment(0) | 2012年問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

フォトン・ベルト

これはもう、完全にガセネタという
決着で良いのかな。

「フォトン・ベルト」


ハレー彗星を発見したエドモンド・ハレー
(イギリスの天文学者)が発見したと何かで読んだのだが、


その後、テレビ番組のモクスペか何かで、

かの大天才、アイザック・ニュートン
2060年人類滅亡の予言が紹介されたコーナーで、


『ハレー彗星を発見したのは、ホントはニュートンで
それをハレー卿に教えてあげた』

という新事実が紹介されていた。


ということは、もしかすると、

フォトン・ベルトも、
実はアイザック・ニュートンが発見して

続きを読む
posted by hoshio at 17:36| Comment(0) | 2012年問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。