2014年09月25日

食うぜ、いっぱいw

親しまれている味のタラバガニを楽しみたいと思う場合は、どの専業店を選択するかが大事です。カニの湯がき方は難儀を伴うので、かに専門店で働いている職人さんが、ボイルを行ったカニをためしてみたいものなのです。
1 (94).jpg
北海道の定番となっているタラバガニとズワイガニは、姿容に感じてしまうほど、美味しい味についてもまるで違うと思います。素晴らしい身が特徴のタラバガニは、食欲をそそり食した時の充実感が特別だけど、味に関してはちょっとだけ淡泊という特性があります。
毛ガニなら有名な北海道でしょう。現地から直送のおいしい毛ガニを、ネットショップなどの通販で入手して味わうのが、この冬には絶対はずせないという人もたくさんいるのはほぼ確実でしょう。
美味なタラバガニを選別する方法は、外殻が強力なタイプや重量や厚みを感じられる種類が、山盛りの身が入っていると言われるものです。スーパーなどに行くことが与えられた場合には、観察すると分かるだろう。
浜茹でにされたカニというのは、身が縮まることも考えられませんし、海水の塩分とカニのうまみがいい感じに調和して、そのままの状態でも品質の良い毛ガニの味をふんだんに味わう事が出来るでしょう。

たまに「がざみ」と呼んでいる素晴らしいワタリガニは泳ぎのスペシャリストで、時節次第で住処を変えていくと聞きました。水温が低くなると甲羅が固まり、身に弾力の出る晩秋の11月下旬から4月前後までが旬と言われております。
素晴らしい北海道の毛ガニの口どけの良い旨み、豊かな蟹味噌の味と、高級な舌触りを楽しんだ後のエンドは、やはり甲羅酒を味わいましょう。毛ガニはカニ通にはたまりません。

北海道毛ガニならではの、他にはないほど濃密なカニ味噌がえもいわれぬ美味の元。極寒の海で育つと食べ応えが変わります。水揚ナンバーワンの北海道から質が良くて低価品を水揚・産地宅配なら、通販が一番です。
ワタリガニと言うと、甲羅がコチコチで身が重々しいものが区別する時のポイント。湯がいても美味しいが、芳しく焼いたり蒸しても絶品だ。コクのある身は体が温まる鍋や味噌汁におすすめでしょう。
活きたままの毛ガニは、ダイレクトに現地へ出向いていって、精選してから仕入れるものなので、費用、手間、といったものが必要になります。ですから、通販店で活きた毛ガニを見かけることはあまりありません。

生きたままのワタリガニを捕獲した場合は、挟み込まれないように警戒してください走り回るだけでなく棘がチクチクするので、手袋などを準備した方が無難です。
美味しい松葉ガニも地元で愛されている水ガニも、共にズワイガニのオスとなっています。しかしながら、同じ様な甲羅のボリュームでも松葉ガニの定価は高いレベルなのに、水ガニは意外と割安と言えます。
どちらかといえば殻は硬くなく、支度が楽なところもおすすめポイントです。大きなワタリガニを発見した時は、何とか茹でたり蒸したりして頂いてみましょう。
漁ができる時期が設定されているので、ズワイガニの季節は、世間では12月前後で、期間的にも引き出物や、おせちの材料、カニしゃぶしゃぶとして愛されているはずです。
何か調理しなくても食べていただいてもうまい花咲ガニは、更に、大まかに切って、味噌汁として召し上がるのも最高です。産地の北海道では、カニの入った味噌汁を「鉄砲汁」と呼ぶのだそうです。
posted by hoshio at 22:27| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。