2008年10月21日

アセンションってなんだろう

2012年12月22日にマヤの暦が
終わることと、

このアセンションという言葉が結びついている
ような気がするのだが、

たまにネットでいろいろなブログを読んでも
やっぱりよく分らない。


イメージ的には

7〜8年くらい前にNHKで放送された

「宇宙・未知への大紀行シリーズ」の最後の方で

最終的には人類は地球に永遠に住んでいることは
出来ないので(といっても数十億年先のことだが)
宇宙空間へ出て行くことになるのだが、

その頃の進化した人類は、既に肉体を持たない、
精神だけの存在となっているだろう、と

科学者が大真面目に話していた。


その想像絵は

透明なクラゲのような霊体というような
姿だった。



何となく、アセンションって

人類がそんな風に進化をするのかな、

ってイメージを持っている。


もちろん、そんなことがあればの話だが。





アセンションについて書かれていることを
いろいろ拾ってみると、


次元が上昇する
(それも一気に5次元へ)

神が関係する?

宇宙の法則のようなものが関係する?

プレアデス星(フォトンベルトとの関係?)が関わる

宇宙からのメッセージを受けている

人間がというより地球自体が次元上昇する?

光とか波動とか

カルマ





などなど。

よく分らない。


ただ、共通しているのは、

人間は本来の素晴らしい存在となり
なにやら良いステージが待っている

という悪い話ではない、という感じだろうか。




アセンションという言葉は

本来は宗教用語なのかな。

ウィキペディアによれば、

アセンション(ascension)
    上昇、即位、昇天を意味する英単語

としていて、キリストの昇天のことのようだ。
posted by hoshio at 23:34| Comment(0) | 2012年問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。