2008年10月14日

篤姫は勝海舟の愛人だった 新説日本ミステリー

本日は2時間スペシャル。

お題は

大化の改新は行われていなかった

信長を殺したのはイエズス会

篤姫は勝海舟の愛人だった

徳川家康は春日局に暗殺されていた

あと、かぐや姫は宇宙人



歴史って、書物が残っていると本当っぽく思えるものだが
これが曲者。

常に勝者が自らに都合の良いように
書き換えるのだから
書いてあることの逆と考えた方が良いのかもしれない。



200年くらい前の江戸時代、
うんこの後、おケツをどうしていたのか、
それすら謎らしい。

当時はトイレットペーパーもなかったし、
いなかなら川でウォシュレット出来るが、
当時の江戸って非常に水事情が悪かったらしいし、
いったい、どうしてたんだろうか。

んであれば、
出っ歯でブ男の源義経が美男子とされたり、
兄貴の頼朝の肖像画は本人でなかったり、
足利尊氏の絵も別人、
上杉謙信は女だった、

なんでもありだ、いったい真実はどれなんだろう。




「大化の改新は行われていなかった」

これは大いにありえる。というより間違いないだろう。

それまでどこにも記述が見当たらない
中臣鎌足が彗星のごとく大化の改新に登場するのは
以前から怪しいと言われていたことだし、
日本書紀を編纂したのが藤原不比等で正しいのなら
そりゃーそうでしょね。
以後の藤原氏の繁栄を見れば
一番得したものが黒幕というのが王道だ。


でも日本書紀って、同じく彗星のごとく出現した
謎の人物、天武天皇が出自を偽るために編纂した
のではなかっただろうか?。

いずれにしても、何かをごまかすために編纂されたの
だろうけど。

天智系、天武系、そして天智系の天皇に戻ったと
いわれるが、これに藤原氏がどう関わっていたのだろうか?。

そのうち番組で取り上げて欲しいな。





「信長を殺したのはイエズス会」

なんでも明智光秀が城を出た時刻から考えると
本能寺でのドンパチには間に合わなかった可能性が
あるらしい。

また、最近の発掘調査では本能寺は伝えられてきたほど
大きくなく、たかだか40メートル四方程度ということで
とても、護衛の兵100人がいたとは思えないという。

また、有名なイエズス会の宣教師ルイス・フロイスが
信長の最期をまるで近くで見ていたかのように書き記して
いて、

当時は300メートルの至近距離に南蛮寺があった、

などから、殺ったのはイエズス会という説だった。


明智光秀が間に合わなかった?、うーむ、

じゃあ、秀吉の大返しはどうなるのだろうか。

いっそ、本能寺の変は羽柴秀吉の仕業、ってことになれば
すべて丸く収まるのではないだろうかね。
posted by hoshio at 23:26| Comment(0) | 日本の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。