2008年10月08日

素粒子研究のノーベル賞受賞

ノーベル物理学賞を受賞した御三方は、

小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授
益川敏英・京都大名誉教授、京都産業大教授
南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授

おめでとうございます。日本人として嬉しいですね^^。



東京新聞WEBによると、

『小林氏と益川氏は一九七二年、宇宙や物質の起源にかかわる「CP対称性の破れ」と呼ばれる現象を理論的に説明した。その過程で当時は未発見だった三つのクォークの存在を予言した。』

『南部氏は「自発的対称性の破れ」という考え方を素粒子理論に導入し、物質が質量を持つ仕組みなどの説明に貢献した。』


が受賞理由とのこと。




クォークは6種類というので(ちなみにアップ、チャーム、トップ、ダウン、ストレンジ、ボトム)残りの3つの存在を予言したということだろうか、どれなんだろう。

『予言』と紹介されるのがなんとも面白い。



で、素粒子研究の受賞ということで、

今話題の「LHC」での実験が凄い成果を上げそうで、
今回素粒子となったのだろうか、それとも関係ないのだろうか。


「LHC」とは大型ハドロン衝突型加速器で、
スイスのジュネーブ郊外に建設され、9月から稼動した。

加速器ってなんじゃらほい?、ってとこだが、
ここに世界の研究者が集い実験を開始したのだが、
我ら一般人としてみれば「え?マジ」というような研究なのだ。


LHC実験の最大の目的は、

「どうして物には重さがあるの?」

ってことらしい。ほとんど哲学だ。
つまり現在分らないということなんですな。なぜ重いのかって。


素人の自分が一番驚いてしまうのは、
LHCの実験では
「第4の次元(あるいはそれ以上)の存在」
の証明がされるかもしれないということだ。

SFの世界みたいだが、これを学者さんが集って
大真面目にやっているのだ。
なんでも、我々が感じる重さってものは、
実際の重さよりも弱くなっている可能性があるとか。

重力を伝える重力子というものが異次元に逃げ出している
ということなのだそうで、実験でそれを証明できれば
異次元が存在するということになるらしい。



で、LHCの実験ではブラックホールが発生すると
危惧している物理学者もいるのだとか。

もし突然、目の前が真っ暗になったら、
そこはブラックホールの中だと悟ろう。







posted by hoshio at 23:28| Comment(0) | 宇宙の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。