2014年09月25日

食うぜ、いっぱいw

親しまれている味のタラバガニを楽しみたいと思う場合は、どの専業店を選択するかが大事です。カニの湯がき方は難儀を伴うので、かに専門店で働いている職人さんが、ボイルを行ったカニをためしてみたいものなのです。
1 (94).jpg
北海道の定番となっているタラバガニとズワイガニは、姿容に感じてしまうほど、美味しい味についてもまるで違うと思います。素晴らしい身が特徴のタラバガニは、食欲をそそり食した時の充実感が特別だけど、味に関してはちょっとだけ淡泊という特性があります。
毛ガニなら有名な北海道でしょう。現地から直送のおいしい毛ガニを、ネットショップなどの通販で入手して味わうのが、この冬には絶対はずせないという人もたくさんいるのはほぼ確実でしょう。
美味なタラバガニを選別する方法は、外殻が強力なタイプや重量や厚みを感じられる種類が、山盛りの身が入っていると言われるものです。スーパーなどに行くことが与えられた場合には、観察すると分かるだろう。
浜茹でにされたカニというのは、身が縮まることも考えられませんし、海水の塩分とカニのうまみがいい感じに調和して、そのままの状態でも品質の良い毛ガニの味をふんだんに味わう事が出来るでしょう。

たまに「がざみ」と呼んでいる素晴らしいワタリガニは泳ぎのスペシャリストで、時節次第で住処を変えていくと聞きました。水温が低くなると甲羅が固まり、身に弾力の出る晩秋の11月下旬から4月前後までが旬と言われております。
素晴らしい北海道の毛ガニの口どけの良い旨み、豊かな蟹味噌の味と、高級な舌触りを楽しんだ後のエンドは、やはり甲羅酒を味わいましょう。毛ガニはカニ通にはたまりません。

続きを読む
posted by hoshio at 22:27| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

全てのジュネーブから逃げ出せ

通常引越し見積もりを依頼する時は、最低限、「転居先の新住所」また「引越しを希望する日」「転居先に運ぶ予定の荷物」などの詳細がその時点で確定していることが求められます。
952.jpg
あらかじめ自分で梱包する、荷ほどきするパターンは、かかる引っ越し料金を割安に出来るのも有難いことになりますが、より手持ちの荷物を、ひいては生活環境までも新たにリフレッシュ出来るような部分が最大の利点。
自分にとって的確である引越し相場を見極めるためには、多くの引越し業者に請求し見積もりを提示してもらうのが最も大切です。ですので何もしないで「面倒くさい!」なんて後ろ向きにならないでくださいね。
実際に「引越し見積もりを取る場合、引越しの日の作業の順序がまさに想像でき、認識しやすく説明を行ってくれる引越し会社」だと、スムーズでベストな引越しが出来るでしょう。
大事な荷物を預かってもらい、運び出してもらうわけですので、妥当な料金及び信頼することができるベターな引越し業者さんをキッチリ選ぶ事を心がけるように。

実のところ引越し業界全体に関しては、引越し見積もり依頼の際にまず業者が算出した見積額に関して、お客さん側が納得すれば、割と普通よりも高くてもそれでOKな、そんな世界であります。
沢山の引っ越し業者から一括にて見積もりが手に入れられるインターネット上の「引っ越し料金一括見積もり請求サイト」上で比較検討することで、時間をかけず、楽々安い値段で引越しが実行できます。
世間の引越し相場がある程度把握できるようになったら、2・3社と値下げ交渉することにより、期待以上の安
続きを読む
posted by hoshio at 22:39| メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

氷河期になったら日本各地の気温はどのくらいに?

先日、池上彰の番組でもやっていたのですが、実は知らない方も多いようですが、長い地球の歴史から言うと、今の地球も氷河期です。地球のどこかに氷河がある状態のことを氷河期というらしいです。氷河期の中でも比較的温暖な期間があり、「間氷期」と呼ばれ、氷河期でもより寒い時期を「氷期」と呼ぶそうです。今の地球は、間氷期であり、氷期と間氷期がセットでおよそ10万年周期なそうで、その中に間氷期が1万年〜数万年あるとのことです。最近の氷期は約1万2千年前に終わったのだそうですから、期間的に考えれば、すぐに氷期に入ってもおかしくないでしょうし、遅くとも1万年、2万年経てば氷期に入るのでしょう。氷期になると、7-8度気温が低下するというデータもあるようです。

以前に聞いたところでは(テレビ?)東京の気温が現在の札幌くらいになるということでしたが、そうなると冬はかなりキビシイ寒さになることは間違いがないでしょうね。今すぐということではないにしろ、いずれ東京に住んでいる人はどこかに引っ越しをしないといけなくなるのは間違いがないでしょう。沖縄あたりがその頃東京程度の気温となるのかもしれません。沖縄への引っ越しはよい選択なのかも。。。原発もないということですしね。引越し費用はこんな感じでわかります⇒引越し 東京

ところで、最近、太陽の活動が低下しているそうです。太陽が活発に活動している証拠である黒点が出ない時期が来ているのだそうです。太陽活動が低下すると、太陽の磁力が弱まることで「宇宙線」が地球にも降り注ぐそうで、宇宙線が降り注ぐと曇りや雨の日が多くなるそうです。今のところ、気温への影響は不明なそうですが、地球温暖化と太陽の活動低下は別に考えた方が良いのだそうです。
タグ:氷河期 東京
posted by hoshio at 22:17| Comment(0) | 世界の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

羊はドナーかな

なんという映画だったか忘れてしまったのですが、感情をあまり持っていないような男女が徹底した衛生管理の元に規則正しく生活をしていて(というか管理されていて)、まあつまりはお金持ち?のドナーだったという映画があったのですが、、、

そのうちにとある男女(だったかな?)に感情が芽生えて、その施設を脱出するというような映画をテレビで観たのですが、それってのはきっと、エデンの園のアダムとエバなんだろうな〜と思いました。

世界中の神という存在は、随分と生贄を求めるのだけれど、基本的に肉食のようで、お肉が大好きですよね。モーセの十戒でも肉くれ!とか言っていたような。諏訪のお祭りでも鹿とかの生贄を捧げますよね。どうして肉を捧げるのかというのがとても疑問で、つまりは大昔は地球にやって来た「神」と呼ばれるその存在は、肉食なんでしょうかね。地球という牧場で遺伝子操作をして食肉を作っていたのだろうか。。穀物とかは、いまだにどこから来たか分からないという「とうもろこし」なんていうのは家畜の餌なのかも。。

と思っていたのですが、冒頭で書いた映画を観てから、ちょっと考えが変わりました。ドナーなのかもしれませんね。神の姿に似せて作った、これすなわち、目的は神のためのドナー、、、かな。

マヤでは祭壇で生贄の心臓を捧げるという言うけれど、つまりは神がかつて欲していたものを捧げていたのでしょうか。その神がもはや地球には来なくなったのは・・・たぶん、羊たちに知識や感情が芽生えてしまって倫理的にどうなのか?という論争でもあって、その結果、他の星に新たにドナー作りを始めた・・・のかも。

なので感情と知識を持ってしまった人間という羊は、完全な失敗作となったのかもしれません。

以前のような「正しい人間」に戻ったなら、ドナーとしてまた使ってやっても良いぞよ!?
というなんとも不思議なお話なのかもしれませんな、聖書って。






それにしても、ようやく自分の住むところでも春がやってきました。今年の桜の開花はかなり遅くなりそうな感じがします。冬は寒かったですからね。マジでこのまま氷河期に突入するのかと思いましたよ。北国の場合は日照時間が少なくなる冬には軽い鬱病のような症状が増えるそうなのですが、、もし氷河期となったら人間は欝の状態になるのでしょうかね。なるかもしれないですね。春が来ない、というか春が来てもそれは今の冬みたいなもので。。欝と同時に睡眠障害とか不眠症も激増するのでしょうね。実際に北国に住んでいると日照時間とか積雪による運動不足で眠れない、半不眠症のような状態になる人も多いのかもしれません。私も実際に数年前にはそんな感じになったことがありました。なのでスポーツジムに通って運動しています。そうするとけっこう普通に眠れるのですよね。後は晴れた日には少しでも日にあたって紫外線を補給?するとか。そんな不眠症対策をしています。でもこれから氷河期になってゆくと、家庭用紫外線装置とか(今でもあるのかもしれませんが)そういうのが必要になってくるのでしょうかね。日焼けサロンなんて今よりさらに繁盛したりするのかもしれません。。
タグ:ドナー
posted by hoshio at 12:37| Comment(0) | 神の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

スーパー太陽フレアはどうなった?

先日、NASA?の発表でパニックにならないで!
と言いながら、太陽のスーパーフレアが発生するという
告知みたいなのがありましたが、、


「アレ、どうなったんでしょうか」


テレビニュースを四六時中、観ているわけではありませんが
どこも特にスーパー太陽フレアのことについては何も報道していないような。

それに通信障害が起こるのかな〜とちょっとネットを使いながら
心配していたのですが、特に何も起こらなかったなということで
拍子抜けをしたのですが。


太陽黒点は100年ぶりに消えたというのが数年前で
まともなら2012年の今年は極大期に入るので、
その揺り返しというのが反動というのか、レバレッジというのか
そういうので太陽フレアが巨大化したりするのだろうか?
なんて思ってもいるのだけれど。。




それはともかく、以前から新しいエネルギーの話ってあるのですが
そういうのは出るけれど、実用化には至らないのですよね。

ここのところの東京電力の横暴ぶり、横着ぶりをみていると
奴らが握りつぶしているのではないのかな?なんていう疑惑も
湧いてきたりします。。

もっとも東京電力は駒でしかなく、その上で牛耳っているのは
なんかいそうなんだよね。



太陽光発電システムなんていうのは昔からあるのだけれど
その進歩ってのは牛歩のごとくという感じがします。

ALWAYS3丁目の夕日じゃないけれど、
子供の時代の想像では、もうとっくに車は空を飛んでなければならないし
ガソリンなんて燃やす必要もなく、やっぱりエネルギーはソーラー発電の
イメージだったからな〜、、

それなのに家庭用の太陽光発電システムは、いまだに風呂のお湯を温くする
のに毛が生えた程度なんだろうか。。ちょっと太陽光発電 見積りでも頼もうとしてふと、
子供の頃の想像していた未来と今を比べて、全然進んでいないな〜と
思った次第なのでした。
posted by hoshio at 12:59| Comment(0) | 宇宙の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。